巴里舎が目指すのはヨーロッパレベル!

 

 

 

 

  「動詞の活用を覚えたつもりだったけど、

  レッスンが終わったら忘れていた…」

 

      あるいは、

 

 「日本にいる間はできていると思っていたのに、

  フランス語圏に行ってみたら全然通じなかった」

 

 

  …こんなご経験、ありません か?

  でも、無理もありません。

  お仕事やお勉強の合間など、かぎられた時間を割いての

  週1回のレッスンでは、なかなか覚えることが難しいですよね。

 


  それに対して、ヨーロッパ圏の人達は、国同士が陸続きなので

  小さなころからフランス語が自然と聞こえる環境で育っています。

  イタリア人なのに、なぜかフランス語がペラペラ、

  なんていう人もめずらしくありません。

  でも日本にいては、なかなかそういうこともないですよね?

 

 

  「それじゃあやっぱり、フランスに行くしか

    ないのでしょうか…。日本にいて、効果的に

   学ぶ方法は他にないのですか?

 

 

  こんな声が 聞こえてきそうです。

  しかし、ご心配なく!

  巴里舎(ぱりしゃ)の レッスンでは、あなたが

  日本に住んでいても、あるいは北極の星空の下で

  シロクマと寝転んでいても(!)立派に通用するフランス語を

  身につけることができるのです。

  その方法とは…?

 

   

● ヨーロッパレベルのフランス語とは?  

 

  実はフランス語教育界には、ヨーロッパ基準レベル 

  というものがあります。

   欧州評議会がヨーロッパの主要な言語に対し、

  A1(初級)C2(上級)6つのレベルを設定したものです。

 

 

  そのレベルは、「日本人が話すフランス語」よりも

  ぐっと本格的です。

  巴里舎が目指すのは、フランス語圏に行っても困らない、

  立派に通用するレベルの、本物のフランス語です。

 

 

手取り、足取り教えます♪

 

 

  大手の語学学校などのグループレッスンでは

  カリキュラムが決められているので、

  一度習ったことは「もう分かっているよね?」という

  前提で、どんどん先に進んでいってしまいます。

  

 

  「あとは各自で復習しておくように。以上って。

   でも、そう言われても時間がないし、

   どうやって勉強していいかわからない…。

   そうこうしてるまにレッスンはどんどん進んでいくし…。

 

 

   もしあなたがそんなふうに思われているとしても、

   ご心配なく。人間、誰だってそうですもの。

   

   「使わないモノは、どんどん捨てていく

    それが人間の脳みその構造なのです(!)

 

 

  「基本を覚える」ことが、すなわち「定着」

   とはかぎりません。

   何度も、なんども、自分の身になるまで

   くりかえし使わないと、忘れてしまうのです。

   

 

  そのため、巴里舎(ぱりしゃ)のレッスンでは

  繰り返し何度も重要表現を学びます。

  あなたが「話せる」レベルになるまで、ていねいに

  楽しく、しかもしつこく(笑)教えます。

  レッスン数は最大40回。

  週1回のレッスンを1年間受講していただくことに

  なります。

  レッスン数が多いように感じるかもしれませんが、

  一つの言語をモノにするためには、それくらいの時間は

  必要なのではないでしょうか。

 

 

  その代わり、週1回のレッスンを40回続けたころには、

  あなたは確実に話せるようになっています!

 

 

  「あとは自分でやっといてね。以上

  な~んて冷たいことは言いません!

  予習、復習が必要ないくらい、手取り足取り、教えます

 



Ce site a été créé avec Jimdo !

Jimdo permet à tout le monde de créer son site internet très facilement, même sans connaissance informatique particulière. Sélectionner un design, le personnaliser en quelques clics, ajouter différents contenus, et voilà !
Inscrivez-vous maintenant sur fr.jimdo.com et commencez tout de suite à créer votre site gratuitement.